遺伝子検査
遺伝子検査

遺伝子検査ダイエットのメリット・デメリット2選!パーソナルトレーナーが徹底解説

「遺伝子検査ダイエットを実際に行ってみたいけど、詳しく情報を知らないから本当に成功するか心配…」

このように考えているダイエット初心者の方やダイエット失敗経験のある方が多いのではないでしょうか?

遺伝子検査ダイエットを行うことで、自分に合ったダイエット方法を実践することが可能ですが、デメリットも存在します。

今回の記事では、遺伝子検査ダイエットのメリット・デメリットについて詳しく解説し、やってみようか悩んでいる方に役立つ情報を提供します。

遺伝子検査ダイエットとは?

  

遺伝子検査ダイエットとは、検査キットを使用し、唾液を元にDNA検査を行い、遺伝子結果を参考に検査、そして、自分自身の体質や代謝の良い栄養素を知ることで、自分に合ったダイエット方法や食事管理方法を知ることが可能です。

その方法を元にダイエットを実践することで、効率的に痩せることが期待できます。

遺伝子検査ダイエットの”2つ”のメリット

遺伝子検査ダイエットには、下記の”2つ”のメリットがあります。

  • 生活習慣病の対策を行うことができる
  • 自分に合ったダイエット方法を知ることができる

では、ひとつずつ解説していきます。

生活習慣病の対策を行うことができる

遺伝子検査を行うことで、”コレステロール値””血糖値”などの数値から将来欠かるリスクの高い生活習慣病を知ることができます。

「こんなにコレステロール値が高かったのか…。油物控えよう」

このように、数値や文字で病気のリスクを見ることで、本能的に危機感を覚えます。結果、日常生活で健康的な食生活や運動習慣を身に付け、生活習慣病の対策を行うことが可能です。

また、遺伝子検査キットの結果が届いた際に食事や生活習慣の注意点の記載もあるため、生活習慣病の対策を実践しやすい環境になります。

自分に合ったダイエット方法を知ることができる

遺伝子を元に自分自身の体質を知ることができるため、自分の代謝の良い栄養素代謝しにくい食材を知ることができ、効率的に痩せることのできるダイエット方法を知ることができます。

人間の体は、人それぞれ代謝しやすい栄養素が存在します。なので、代謝しやすい栄養素を多く摂取し、代謝しにくい栄養素の摂取を抑えることで、カロリーは同じでも減量するスピードを加速させることが可能です。

例えば、炭水化物を代謝しやすく、脂質の代謝が苦手な方の場合、炭水化物を効率的にエネルギーとして使えるため、脂質の摂取を抑え、炭水化物の摂取量を増やすことで、効率的に痩せることができます。

一方、脂質の摂取量を増やしてしまうことで、代謝効率が悪いため、どんなにカロリーを抑えても、痩せにくくなってしまいます。

なので、自分の代謝の良い栄養素代謝しにくい栄養素を知ることが重要です。

ダイエットブック

遺伝子検査ダイエットの”2つ”のデメリット

遺伝子検査ダイエットには、下記の”2つ”のデメリットがあります。

  • 検査結果が出るまでに約1ヶ月間かかる
  • ダイエットを実践するかは、自分次第

では、ひとつずつ解説していきます。

検査結果が出るまでに約1ヶ月間かかる

遺伝子検査ダイエットの結果が出るまでには、約1ヶ月間かかるため、やる気が失われてしまうリスクが高いです。

やる気がある状態で、遺伝子検査を行っても、届くまでの期間に何もできず、徐々に気持ちが落ち込んでいきます。

結果、届いた頃には「ダイエットなんてどうでもいいや」このような感情になってしまうことが多くあります。なので、遺伝子検査ダイエットを行う際は、少しでもやる気になったらすぐに申し込み、結果が届くまでの期間は、SNSの情報を元に自己流でダイエットに挑戦してみることがおすすめです。

ダイエットを実践するかは、自分次第

ダイエットを成功させるためには、必ず自分自身の意思でトレーニングや食事管理などの行動をする必要があります。

遺伝子検査ダイエットは、あくまで自分に合ったダイエット方法を知るためのツールなので、使用したからといって、痩せることに直結はしません。

検査を受けただけで終わってしまうのは、体が何も変わらずもったいないです。

「しかし、一人で継続的に頑張ることができない…]

このように、意志が弱く、すぐに諦めてしまいそうな方は、”パーソナルトレーニングを受ける”ことや”周りの友人と挑戦する”など逃げられない環境を作ることが重要です。

遺伝子検査ダイエットはどんな人におすすめ?

遺伝子検査ダイエットは下記のような方におすすめです。

  • 自分自身で”トレーニング”や”食事管理”が継続できる人
  • 過去に様々なダイエットに挑戦したが、成果が出なかった人

では、ひとつずつ解説していきます。

自分自身でトレーニングや”食事管理”が”継続”できる人

遺伝子検査ダイエットに一人で挑戦する場合は、ある程度自分でトレーニングや食事管理を継続できる方がおすすめです。

ダイエットで成果を出すためには、”継続”することが必須になります。遺伝子検査ダイエットでは、正しいダイエット方法を知ることができるため、あとは”行動”と”継続”をすることができれば、高確率で成果を出すことが可能です。

一方、なかなか行動ができない方は、どんなに良い情報を知っていても、結果を出すことが難しくなります。

実際、パーソナルトレーニングを受けられるお客様の多くは、”行動””継続”をすることが苦手な方です。

繰り返しになりますが、行動”と”継続”をすることが苦手であれば、逃げられない環境を作り、自分を追い込むこともダイエットでは重要になります。

なので、一人で遺伝子検査ダイエットに取り組む方は、デメリットを把握した上で、自分自身である程度”行動”できる方がおすすめです。

過去に様々なダイエットに挑戦したが、成果が出なかった人

遺伝子検査ダイエットを行うことで、自分の体質に合った食事管理ができるため、過去にダイエット失敗経験がある方でも成果が出やすくおすすめです。

脂質の代謝が苦手なのに対し、脂質を多く摂取する”ケトジェニックダイエット”を行った場合、脂質がうまく代謝されずに痩せにくい体を作ります。

このように、ダイエット失敗経験のある方は、挑戦したダイエット方法が自分自身の体に合っていないことがほとんどです。

なので、遺伝子検査ダイエットを行うことで、自分自身に最も合うダイエット方法を知ることができ、効率的に痩せることが期待できます。

まとめ

遺伝子検査ダイエットを行う場合、メリットとデメリットを把握した上で、挑戦することがダイエット成功させるために重要です。

遺伝子検査ダイエットの”2つ”のメリット

  • 生活習慣病の対策を行うことができる
  • 自分に合ったダイエット方法を知ることができる

遺伝子検査ダイエットの”2つ”のデメリット

  • 検査結果が出るまでに約1ヶ月間かかる
  • ダイエットを実践するかは、自分次第

遺伝子検査ダイエットがおすすめな人は下記の通りです。

  • 自分自身で”トレーニング”や”食事管理”が継続できる人
  • 過去に様々なダイエットに挑戦したが、成果が出なかった人

このように、遺伝子検査ダイエットでは、正確なダイエット方法を知ることができるので、実践すれば、高確率で成果が出ます。

なので、どのようにして、行動し、継続させるかを考えることが非常に大切です。自分に合った食事管理方法や自分のやる気を上げることのできる方法を考え、行動することで楽しくダイエットやトレーニングを継続しましょう。

カンタン30秒!無料体験&カウンセリングはこちら