食事ノウハウ

野菜ジュースを飲んだら太る?ダイエットや糖質制限中の注意点を紹介

野菜ジュースはダイエット中に飲んでも良いのか気になっている方も多いのではないでしょうか。CLOUD GYM編集部がダイエット中における野菜ジュースのメリットやデメリット、糖質やカロリーをご紹介いたします。

 

野菜ジュースは少し糖質が高めです。しかし、最近は低糖質・糖質オフの野菜ジュースが販売されています。それを選ぶと糖質制限中でも安心して飲むことができます。

 

低糖質・糖質オフの野菜ジュースを飲んで、健康的にダイエットしましょう。

食材カロリー糖質
野菜ジュース29.2kcal17.4g
野菜ジュース(糖質オフ)21kcal3.3g

※100gあたりのカロリー・糖質を記載

管理栄養士監修の低糖質、低塩分のヘルシーな料理【nosh(ナッシュ)】

冷凍弁当の累計販売1,000万食を突破し、TVや雑誌、WEBなどでも取り上げられているメディアでも話題の宅配食nosh(ナッシュ)。 ロールケーキやドーナツも・ご自宅に毎週お届けしてくれることで高い人気を集めている食事宅配サービスとなっております。


特に忙しい会社員の方や一人暮らしの方などに注目されているサービスです。今なら初回2,000円OFFで1食365円でお試し可能!この機会に是非お試しください!

野菜ジュースのカロリー&糖質量(100g)

カロリー&糖質量比較

野菜ジュースは摂取が難しい野菜の栄養素を手軽に摂ることができる人気の健康食品です。

野菜ジュースと糖質オフの野菜ジュース以外にも普段飲んでいる飲み物にもどれくらい糖質・カロリーが含まれているのか調べてみました。

 

以下の表は100mlあたりの比較として出しています。

食材カロリー糖質
野菜ジュース29.2kcal17.4g
リンゴジュース45.9kcal12.39g
オレンジジュース38kcal10.7g
野菜ジュース(糖質オフ)21kcal3.3g
トマトジュース17kcal3.3g
コーヒー(ブラック)4kcal0.7g
青汁(1杯分)10∼12kcal0.5∼1g
黒烏龍茶0kcal0.1g
烏龍茶0kcal0.1g
紅茶(無糖)2kcal0.1g

野菜ジュースと糖質オフの野菜ジュース以外にも他の飲み物と比較して表にしました。

上から糖質の多い順に並べています。

飲み物で比較しても、普通の野菜ジュースは糖質が高いことが分かります。

 

糖質オフにすると糖質が約5分の1も減らすことができるので、野菜ジュースを飲む際は糖質オフを選ぶと良いです。

野菜ジュースは糖質制限中に向いている食材か

野菜ジュースは意外と糖質が高いですが、最近は低糖質・糖質オフのものが出ています。

それを選ぶと糖質制限中でも安心して飲むことができます。

食材カロリー糖質
野菜ジュース29.2kcal17.4g
糖質オフの野菜ジュース21kcal3.3g

普通の野菜ジュースと糖質オフの野菜ジュースのカロリー・糖質が全体的に差が大きいので、糖質オフにすると少しお得感が出ますね。飲む際は糖質オフにしましょう。

 

もともと野菜ジュースは、野菜が足りていない時の補助的なものとして考えられて作られています。多くの野菜を食べるように心掛けた方が栄養は摂取できます。

 

野菜を摂るのが難しい時は、低糖質・糖質オフの野菜ジュースを飲んで、栄養を摂取しましょう。

野菜ジュースの栄養素

野菜ジュースには以下の栄養素が含まれています。

  • リコピン
  • β-カロテン
  • ビタミンC
  • 食物繊維

リコピン

リコピンはトマトに多く含まれています。リコピンには不足しがちな栄養素を補給する効果が期待できます。

 

トマトにはリコピンも多く含まれていますが、健康維持をサポートしてくれるカリウムも多く含まれています。

リコピンやカリウムを多く摂りたい方はトマトベースの野菜ジュースがおすすめです。

β-カロテン

β-カロテンは緑黄色野菜だけに含まれている栄養素です。緑黄色野菜を食べないと摂ることができないので、食生活を良くしたい方はβ-カロテンが含まれている野菜ジュースを飲むと良いです。

β-カロテンが多く含まれているのはにんじんベースの低糖質野菜ジュースです。

ビタミンC

低糖質野菜ジュースにはビタミンC・コラーゲン・プラセンタなどの成分が含まれています。

ビタミンCには美容効果をサポートしてくれます。コラーゲンやプラセンタと合わせて摂ると、美容にとても良いです。

美容を意識している方はビタミンCがたくさん入っている野菜ジュースを選びましょう。

食物繊維

食物繊維は健康の維持にとても役立ちます。野菜の搾りかすが含まれている訳ではありませんが、水溶性食物繊維がたくさん含まれています。

不溶性食物繊維は大豆やごぼうなどに含まれているため、合わせて摂ってバランス良く保てるよう心がけましょう。

CLOUD GYMバナー

CLOUD GYMバナー

野菜ジュースを使ったダイエットレシピ

ころころ大根♪食べるスープ(ミネストローネ) レシピ・作り方

(引用:楽天レシピ)

最初にご紹介する野菜ジュースのダイエットレシピは「ころころ大根♪食べるスープ(ミネストローネ)」です。電気圧力鍋と野菜ジュースであっという間に具沢山濃厚野菜スープが作れます。そんなミネストローネの作り方・レシピをご紹介します。まず大根、玉ねぎ、ニンジンを1cm程の角切り、セロリの葉はみじん切りにしておきます。うち鍋にオリーブオイルをひいてニンニクと野菜を加えて3分炒めます。炒めたものに鶏がらスープと野菜ジュースを加えて蓋をして5分加圧します。圧がおりたらフタを開け、大豆を加えてソースとこしょうで味を整え、3分煮詰めます。お皿に盛り付けたら完成です☆

材料(2人分)野菜ジュース:200m、大根:200g、玉ねぎ:2分の1個、ニンジン:2分の1個、セロリの葉:3本分、蒸し大豆:50g、オリーブオイル:大さじ1、にんにくチューブ:小さじ1、鶏がらスープ:小さじ2、ウスターソース:小さじ1、こしょう:適量

野菜ジュースの寒天 レシピ・作り方

(引用:楽天レシピ)

次にご紹介する野菜ジュースのダイエットレシピは「野菜ジュースの寒天」です。美容にとても良くヘルシーな野菜ジュースの寒天の作り方・レシピをご紹介します。鍋にジュースと寒天を入れて、煮て溶かします。溶けたらポッカレモンを入れます。器に溶かしたものを入れて、冷蔵庫で冷やし固めます。食べる時に器に出して完成です☆ダイエットにピッタリの寒天です。

材料(1人分)野菜ジュース:50cc、寒天の粉:小さじ2分の1、ポッカレモン:3滴

お役立ちレシピ オムレツワンプレートランチ レシピ・作り方

(引用:楽天レシピ)

最後にご紹介する野菜ジュースのダイエットレシピは「お役立ちレシピ オムレツワンプレートランチ」です。野菜もキノコもたっぷりなオムレツの作り方・レシピをご紹介します。最初に、蕪の茎と葉は2時間ぐらい前に刻んで塩とこぶだしを入れ手で揉んで小皿を重石においておきます。 プチトマトは洗ってへたを取っておきます。エリンギとしめじは手で細く裂いておき、卵は塩・こしょう・牛乳をいれよく溶いておきます。フライパンにオイルをいれてきのこを強火で炒めます。弱火で炒めると汁が出てきのこの旨みが外に出てしまうので注意です。炒めたらアンチョビ入りの調味料を入れ炒めます。きのこに火が通ったら調味料Aと鶏がらスープの素をいれ中火で煮て、沸騰したら弱火にして10分ぐらい煮ます。味を見てケチャップ・ソースなどをいれ好みの味に調えます。ご飯は温かいうちにバターを入れて混ぜておきましょう。フライパンに卵を流して、半熟位でかき混ぜ端しに寄せて形を作りお皿に移します。ご飯を器に入れ、丸い形にしてお皿にのせます。ご飯とオムレツにきのこソースをかけ、蕪の葉の塩もみとプチトマトを飾ったら完成です☆洗い物が少なくてとても便利です。

材料(2人分)卵:3個、エリンギ:2本、シメジ:2分の1株、アンチョビ入りの調味料・塩・こしょう:少々、蕪の茎と葉:2株、塩(蕪の葉をもむ):大さじ1、プチトマト:10個、【ソースの材料】野菜ジュース(小):1缶、トマト調味料:少々、塩・こしょう:少々、白ワイン:少々、生クリーム(ポーション):2個、ケチャップ・ソースなど:適宜、鶏がらスープの素:少々、ご飯:小さな茶碗に1杯、バター:1cm角位

糖質制限中のメニュー選びに困ったら冷凍弁当をうまく活用しよう

nosh(ナッシュ)

おいしいものを食べながら糖質・塩分を抑えたいならnoshがおすすめ

noshはお手軽にヘルシーな食事を食べることができるお弁当宅配サービスです。

noshには以下3つの魅力があります。

  • 安全な食材を使用しすべてのメニュー糖質と塩分に配慮
  • ご自宅にお届けするから、買い出し、調理、片付けも不要
  • 継続的に新メニューがでるので、飽きずに長く続けられる

安全な食材を使用しすべてのメニュー糖質と塩分に配慮

noshは糖質30g、塩分2.5g以下という健康に配慮された独自の栄養価基準で全メニュー考えられています。

そして、ISO 9001 国際規格に準じて品質管理に努め、自社で調理しているから安心です。

ご自宅にお届けするから、買い出し、調理、片付けも不要

noshは食べたいものを注文し、自宅や希望する場所まで届けてくれます。

そのため、普段料理する時に必要な手間がかかりません。

継続的に新メニューがでるので、飽きずに長く続けられる

noshは常に60種類以上のメニューが用意され、たくさんの種類から選ぶことができます。和・洋・中・デザートなどたくさんのジャンルがあるので、糖質制限中でも楽しく食事をすることができます。

 

そして、毎週3品新メニューがでるのも嬉しいポイントです。継続的に新メニューが出るため飽きることなく糖質制限を続けることができます。

 

まとめ

野菜ジュースは少し糖質が高めです。しかし、最近は低糖質・糖質オフの野菜ジュースが販売されています。それを選ぶと糖質制限中でも安心して飲むことができます。

食材カロリー糖質
野菜ジュース29.2kcal17.4g
野菜ジュース(糖質オフ)21kcal3.3g

※100gあたりでのカロリー・糖質を記載のカロリー・糖質を記載

野菜ジュースは野菜が足りていない時の補助的なものとして考えるのが無難です。多くの野菜を食べるように心掛けた方が栄養は摂取できます。

野菜を摂るのが難しい時は、低糖質・糖質オフの野菜ジュースを飲んで、栄養を摂取しましょう。

 

最近では、糖質制限に特化したお弁当宅配サービスも増えています。最後に紹介したnoshはたくさんのメディアで紹介されていて注目を集めているサービスなので、是非利用してみてください!