運動ノウハウ 食事ノウハウ

【行動心理学】ダイエットを続けるには、5つの継続できない理由と解決策を知っておこう!

運動ノウハウ

【行動心理学】ダイエットを続けるには、5つの継続できない理由と解決策を知っておこう!

人が継続することができない行動心理学的理由

1. 継続とは

継続とは、「ある行動をした後に、同じ行動を繰り返すこと」です。そこで、初めに人は何によって行動を起こすのかを知る必要があります。行動学によると、性格といった内面的なものと、自分ではコントロールできない外面的なものによって、人は行動を起こすとされています。この2点を踏まえて、以下の行動が継続できなくなる(行動ができなくなる)ケースを見てみましょう。

2. 行動が継続できなくなるケース

行動が継続できなくなるケースは、以下の2つです。

  1. 行動を引き起こす理由がない場合
  2. 行動を阻害するものがある場合

なので、継続させるためには、行動を引き起こす理由を作り、行動を阻害するものを取り除くことが必要です。以上の前提を踏まえて、考えられる原因と対処方法をまとめてみます!

ダイエットが続かない理由と解決策 5選

  1. メリットが感じられていない
  2. 楽しみが見出せていない
  3. 褒めてくれる人がいない
  4. 他の制限があると思い込んでいる
  5. 他人に嫌なリアクションをされる

1. ダイエットのメリットが感じられていない場合

ダイエットをして痩せた先にどんなメリットがあるか正確に感じられていない場合は、行動を継続することが難しいです。例えば、ダイエット中、目の前に美味しそうでカロリーが高いお菓子があるとします。そこで、我慢する時に、「我慢できれば痩せる」または「我慢できれば人生が楽しくなる」、どちらの言い聞かせ方がよりダイエットへの気持ちを高めてくれるでしょうか?

メリットを感じるための解決策としては、自分の行動目的を振り返る「自己分析」をおすすめします。これまでの人生で、なぜダイエットをしてきたのか、スタイルの良い女性に対してどのような気持ちを持っているのか、どのような文化、考え方の中で生きてきたのか、などの観点から分析をしてみてはいかがでしょうか。自己分析をした後は、ダイエットのメリットが明確になり、納得した状態で取り組むことができます。

2. ダイエットの楽しみを見出せていない場合

そもそも、楽しいと感じるものは、時間が許す限り続けることができますよね。例えば、幼い頃に友達としたプロフィール交換や、毎週日曜日には早起きしてプリキュアを見るなど。なので、ダイエットをすること自体が楽しいと感じれば、それが行動を引き起こす理由になってくれるわけです。

アイデアとして、「あみだくじ、ダーツ、すごろくなどでダイエットメニューを決める」、「続かなかったら友達や家族に何かプレゼントする」「トレーニングのフォームを忠実に再現できたら、コンビニで好きなものを買う」、などを考えてみました。このように「ダイエット自体をゲームとして考える」ことができたら、楽しむことができますよね!

3. ダイエットを褒めてくれる人がいない場合

褒め言葉は、行動を引き起こす理由を作ってくれます。「自分のためにダイエットをしているのは分かるのだけれど、努力や結果も正直認めて欲しい。」と感じてしまいますよね。実はこの意識自体、行動を起こす強い源泉になり、ダイエットが継続する理由になります。

なので、こういった人を見つけるには、「SNSでダイエット垢さんとコミュニケーションをとってみる」ことをおすすめします。同じような目標を持っている方々と毎日進捗を共有しあうことでお互いを高め合えることができます。また、同じ仲間だけでなく、自分よりも多くを知っていたり、何かを成し遂げた人から褒めてもらえるとさらに行動が続くようになります。

4. ダイエットをすると他のことが制限されると思い込んでいる場合

心理学用語で「コンフリクト」と言い、簡単に言うと葛藤している状態です。この葛藤は、行動を阻害させるものなので、せっかく行動を引き起こす理由を見つけても、継続することが難しくなるので厄介です。コンフリクトは主に、3つのパターンがあります。

  1. 両方いいな型: 痩せてキレイになるか、美味しくて好きなものだけを食べるか
  2. 両方いやだ型: 太りたくはないし、運動したくもない
  3. いいないやだ型: 好きな食事を制限したくないけど、痩せてキレイになりたい

メンタリストのDaiGoさんは、これらの対処法について、「長期的な目標を立て、やるべきことをコンフリクトが起きないように設定すること」と解説しています。例えば、来年の夏にこの水着を着て湘南に行くためには、何kg痩せる必要があり、どのようにすれば消費カロリーが摂取カロリーを上回るのかを考えます。その際に、好きなものも食べたいと感じれば、どのくらいの頻度で食べれば満足できるかを同時に考えるということです。

また、CLOUDGYMのSNSでは、このような葛藤を解決するためにも、ダイエット中に食べれるチョコレートやピザのレシピや、カロリーの高いご飯の選び方などを発信しています。是非チェックしてみてください!

5. ダイエットをすると他人が嫌なリアクションをしてくる場合

いきなりですが、こんなことありませんか?

  1. ジムで筋トレしようとしたら、他の人に変な目で見られた
  2. 食事制限をしてるといったら、友達にいらないアドバイスを聞かされた
  3. 痩せたいといったら、夫に嫌そうな態度をされた

このようなことは、全部行動を阻害する原因になっています。つまり、自分がダイエットをした後に、周りのリアクションによって継続できるかは左右されています。皆さんも思い当たる節はあるのではないでしょうか?

これらの対処法としては、「違うジムに行ってみる」「相談する相手を考える」「相手の反応をポジティブに変換してみる」があげられます。「できるだけその嫌な反応を見ないためにはどうするかを考えること」で最適な環境が作れるようになります。

オンラインで行うパーソナルトレーニングで理想の体を目指そう!

オンライン上でパーソナルトレーニングを提供するCLOUDGYMでは、継続する理由を生み、継続できない理由を徹底的に取り除いているので、とにかくダイエットが続きます!実際に、お客様のプログラム完走率は98%と、ほぼ全ての方が最後までダイエットをやり遂げています。

【CLOUD GYM】遺伝子検査×自宅で始めるパーソナルジム

1. 専属トレーナーがモチベーションを管理

一対一で行うため、常に専属トレーナーがお客様の体調やモチベーションを把握することができます。なので、モチベーションが低下した時には、目標の再確認をしたり、ダイエットの成果を共有することで最後まで挫折せず、理想の身体を手に入れることができます。

2. 仕事帰りや、家事終わりにジムに行く必要がない

オンライン上で行うため、疲れている仕事帰りや、家事終わりにジムに行く必要がありません。最初はやる気があったものの、段々とジムに行くのが面倒に感じて挫折してしまう方も多いと思います。なのでジムに通う必要が一切ないことで時間や手間が削減でき続けることができます。また、ジムで他の人の目線を気になる方もオンラインで一対一なのでそのような心配は必要ありません。