運動ノウハウ 食事ノウハウ
運動ノウハウ

停滞期はいつまで?停滞期を見分ける方法と乗り越える3つの対策

停滞期

停滞期だと判断する前に

「体重が減らない時期」をダイエット停滞期と言います。多くのダイエッターにとってつらい時期である停滞期ですが、じつは停滞期ではないのに停滞期だと勘違いしてしまうことがよくあります。

  1. 停滞期だと勘違いしやすい要素
  2. 停滞期が起こる原因とは
  3. いつから停滞期?いつまで停滞期?
  4. 停滞期だと判断する基準

1. 停滞期だと勘違いしやすい要素

勘違い

生理の時期

一般的に、女性は生理前から黄体期は太りやすいです。こちらは、体重の変化に大きく関わるので、減りにくいと感じた際は生理のサイクルを確認することをおすすめします。ちなみに生理後から排卵期までは痩せやすいため、時期に合わせてトレーニングメニューを変えてみてはいかがでしょうか。

水分や便

じつは、毎日2キロ前後の体重の変化は水分が原因だと言われています。

”人が口から摂取する水分は一日約2200mlであり,それらは身体に吸収され,各種の物質を含み,代謝作用を行う。人が生理的に必要とする水分の量は,普通一日約1500mlであり,身体のなかの水分,体液は体重の50.一・70%におよぶ。”

論文:水とヒト生理的立場から

また、便の量も体重の増減に関係します。約400~1800g程度は便の量だけで変化します。このことから、水分や便の量も把握することで正しい判断ができるようになります。

一日に減らすことのできる脂肪量

本来、1日に減らすことのできる脂肪量は、多くて0.5kg程度です。しかしこの変化は、一切何も食べず激しい運動によるものです。このことから、ダイエット期間でも一日で体重の変化はわずかでしょう。1日に減らすことのできる脂肪量を把握することで停滞期を見分けることができます。

2. 停滞期が起こる原因とは

悩む

停滞期が起きる原因は、食事制限にあります。食事制限をすると身体に栄養が行き届かない飢餓状態をうみます。そこで、身体は数少ない食事でもエネルギーを確保するために、エネルギーの消費量を減らし脂肪を溜め込もうとします。その結果、食事量を抑えているのにもかかわらず、脂肪が溜め込まれてしまうので体重がなかなか減らない停滞期になってしまいます。

3. いつから停滞期?いつまで停滞期?

いつから停滞期?いつまで停滞期

・はじめの体重から “-5%” 減った時

・ダイエット開始から3週間〜1ヶ月後

・2週間〜1ヶ月後まで

停滞期のタイミングは個人差があるため一概には言い切ることが難しいです。ただ停滞期が1ヶ月よりも長く続く場合は、ダイエット方法を間違えていることなどが原因である可能性が高いです。

4. 停滞期だと判断する基準

以上のことからまとめた結果、これらのポイントが全て当てはまる方はダイエット停滞期だと判断して良いでしょう。

  • ダイエット開始から3週間以上経過した。
  • ダイエット開始当初は体重が減少していた。
  • 2~3週間以上体重が減らない。むしろ増えていることもある。
  • 摂取カロリーよりも消費カロリーが多い。
  • 体重は一日のうち決まった時間に測定している。
  • 女性の場合、生理のリズムを確認し太りにくい時期ではない。

停滞期に行う適切なダイエット方法 3選

  1. 筋トレなどの無酸素運動を取り入れる
  2. 体重だけでなく脂肪の増減も測る
  3. 好きなものをたくさん食べる日を作る

1. 筋トレなどの無酸素運動を取り入れる

自宅トレーニング

筋トレなどの無酸素運動は、脂肪を消費するのではなく、脂肪の素になる糖を消費するので、停滞期におすすめです。停滞期では、食事制限によって、脂肪を消費しづらくなっています。なので、脂肪を消費する有酸素運動よりも、糖を消費する無酸素運動を取り入れることをおすすめします。

また、筋トレによって筋肉が大きくなるとその分基礎代謝が高まり、痩せやすい身体になります。筋トレは器具を必要としない腕立て伏せやスクワットなど自重トレーニングで行えるため、自宅でも筋トレをすることが可能です。

2. 体重だけでなく脂肪の増減も測る

体重計は脂肪だけでなく水分などを含めた身体すべての重さを示しているため、体重の数値だけでは参考にならないことがあります。特に見た目は、体重よりも脂肪の減少で変化していくため、体脂肪率なども計りながら日々のトレーニングの参考にすることをおすすめします。

3. 好きなものをたくさん食べる日を作る

チートデイ

チートデイと言われる「好きなものをたくさん食べる日」を作ることはすごくおすすめです。チートデイをすると身体の飢餓状態を防ぐことができたり、ストレスを発散することができます。

頻度は、消費エネルギーを超えないよう「1週間に1回」が目安です。また、チートデイに摂取していいカロリー量は、「自分の基礎代謝量(kcal)×3」で算出できます。基礎代謝量は「keisan 基礎代謝量」で年齢・性別・身長・体重を入力するだけで調べることができます。この期に確認してみてはいかがでしょうか。

ダイエットブック

遺伝子検査を用いたパーソナルトレーニングで理想の体を目指そう!

  1. 停滞期に合わせたカリキュラム設計で効果的なダイエット
  2. 停滞期でもモチベーションが保ち、続けられる

【CLOUD GYM】遺伝子検査×自宅で始めるパーソナルジム

1. 停滞期に合わせたカリキュラム設計で効果的なダイエット

プロのトレーナーと1対1で日々トレーニングや食事管理を行うため、お客様の体重の変化に気づくことができます。停滞期を即時に察し対策を練るため、停滞期に突入しても、ダイエットメニューや食事を調整しながら効果的なダイエットに専念することができます。

2. 停滞期でもモチベーションが保ち、続けられる

一対一で行うため、常に専属トレーナーがお客様の体調やモチベーションを把握することができます。なので、停滞期に入りなかなか結果が見えない時でも、サポートいたします。これまで、98%のお客様が最後まで最後まで挫折せず、理想の身体を手に入れることができました。

3. 無料でパーソナルトレーニングをお試しあれ!

「せっかくダイエットをしたのに効果がない」「お金を払ったのにあまり痩せられなかった」ということをお客様には経験していただきたくありません。ですので効果を感じていただくために、他にはない遺伝子検査を行い、科学的根拠に基づいたあなただけのダイエットプランを構成しています。

質にこだわり抜いたCLOUD GYMが、お客様一人ひとりのなりたい姿に向けて最後まで全力でサポートいたします!そして最終的には、CLOUD GYMのモットーでもある「自分を好きになる」を叶えていただきたいと強く願っています。

もしご興味をお持ちいただけましたら、プロのトレーナーによる無料体験・カウンセリングを受けることも可能です。無料体験だけで効果を感じられるお客様もいらっしゃいますので、ぜひお気軽にご参加ください!

自粛中の隙間時間に理想の姿を一緒に手に入れましょう!無料体験で皆様をお待ちしております!!

カンタン30秒!無料体験&カウンセリングはこちら