運動ノウハウ 食事ノウハウ
運動ノウハウ

骨格診断を活用したダイエット方法3選!トレーナーが徹底解説

「骨格診断ダイエットって本当に効果あるの?」

骨格診断ダイエットに対して、怪しさを感じる方が多くいらっしゃると思います。

実は、骨格診断を活用することで、自分の体について詳しく知ることができ、自分に合ったダイエット方法を知ることが可能です。

今回の記事では、骨格診断について詳しく解説し、正しく活用するダイエット方法も紹介します。

ダイエットで成果が出ず悩まれている方やダイエット未経験者の方が成果を出すために骨格診断を活用する方法をまとめました。

骨格診断とは?

首を傾げる女性

骨格診断とは、皮膚・筋肉・骨・脂肪などの骨格を元に体の特徴をストレート/ウェーブ/ナチュラルの3タイプに分類したものです。

タイプ別に分類することで、個々の体の特徴を知り、太くなりやすい部分を把握することができます。

なので、ダイエットを行う際、自分の体の弱点の筋肉や固まっている筋肉を知ることができ、適切なダイエット方法を行うため、参考にすることが可能です。

CLOUD GYMバナー

CLOUD GYMバナー

骨格診断ダイエットの効果は本当にある?

体重計に乗る

「りんごダイエット」や「糖質制限ダイエット」、「遺伝子検査ダイエット」など様々なダイエット方法が出てくる中で、「骨格診断ダイエット」が怪しいと思われる方も多いのではないでしょうか?

骨格診断についてダイエット専門トレーナーが詳しく解説をしていきます。

骨格診断ダイエットを実践すれば効果が出る可能性は非常に高い

骨格診断ダイエットを行うことで、痩せることができる可能性は非常に高いです。

骨格を把握せずにダイエットを行うことで、痩せたとしても「脚の太さだけが残る」「お腹だけぽっこりしている」など骨格が原因の部分は、体脂肪を落とすだけでは痩せません。

なので、単純に食事制限や全身のトレーニングを行うのでは、効率が悪く、痩せないことも多々あります。

骨格診断を取り入れ、ダイエットを行うことができれば、食事制限に加え、個人の体型の悩みをトレーニングやストレッチで改善することができ、体重以上に体の変化を感じることが可能です。

トレーニング+食事管理を継続することが重要

骨格診断は、あくまで自分の体の特徴を知るものなので、骨格を知った上で、トレーニングや食事管理を行うことが重要です。

多くの方は、骨格を知っただけで、何もせずに終わってしまいます。結果、骨格診断を行ったのにも関わらず痩せない。

なので、骨格診断ダイエットを行い、結果を出すためには、トレーニングや食事管理を継続し、体脂肪を減らすことが重要です。

「毎日追い込む」と考えるのでは、継続が難しく、挫折してしまうこともあるため「お菓子を辞める」「自宅でトレーニングを行う」など簡単に継続できるものから始め、徐々にトレーニングや食事管理を徹底すると良いでしょう。

骨格診断のタイプ別のトレーニング方法や食事管理方法

骨格診断タイプ

骨格診断を行い、適切にダイエットを行うためには、タイプ別にトレーニング方法を変える必要があります。

各骨格に合わせたトレーニング方法を紹介していきます。

ストレート:下半身トレーニングが中心

ストレートタイプとは、上半身(特にお腹やデコルテ)に筋肉や体脂肪がつきやすく、下半身は細い体型です。

このようなタイプの方は、

上半身:ストレッチ中心

下半身:トレーニング中心

上記のように行うと良いでしょう。上半身に体脂肪がつきやすい原因は、柔軟性がなく、姿勢不良が起こっているからです。
なので、この状態でトレーニングを行っても、さらに姿勢不良を引き起こしてしまい、上半身のみ太く見えてしまいます。

下半身は、細くスレンダーな状態ですが、筋肉量が少なく、ただ細いだけなので張りがありません。トレーニングを行い、筋肉量を増やすことで、下半身の弱い筋肉を強化し、脚の美しさを際立たせることができます。

ウェーブ:上半身のトレーニングが中心

ウェーブタイプとは、下半身の筋肉が固まり、お尻や脚に体脂肪がつきやすく、くびれは美しく際立っている体型です。

このようなタイプの方は、

上半身: トレーニング中心

下半身:ストレッチ中心

上記のように行うと良いでしょう。下半身に体脂肪がつきやすい原因は、太ももの外側やお尻の柔軟性がなく、姿勢不良が起こっているからです。
なので、この状態でトレーニングを行っても、さらに姿勢不良を引き起こしてしまい、お尻や脚が太く見えてしまいます。

上半身の中でも特にお腹周りは非常に細く見えるため、胸や背中などのトレーニングを行い、姿勢を整えることが重要です。

猫背や反り腰などが改善されることで、二の腕を細くしたり、バストアップの効果が期待できます。

ナチュラル:大きな筋肉が中心

ナチュラルタイプとは、下半身と上半身どちらが際立って太いわけではありませんが、どちらも筋肉量が少なく、全体的にボテっとした体型です。

このようなタイプの方は、

大きな筋肉を中心にトレーニング

上記のように行うと良いでしょう。全体的にボテっと体が見えてしまう原因は”筋肉量の不足”と”体脂肪率が高い”ことです。

下半身や胸、背中など、大きな筋肉を鍛えることで、消費カロリーを増やすことができます。

また、筋肉量が増えることで、基礎代謝(運動せず1日中、寝ていても消費されるカロリー)が向上するため、痩せやすい体を作ることが可能です。

結果、全身の筋肉量が増え、体に張りが出るため、美しいボディラインを目立たせることができます。

食事管理方法はタイプを問わずベースは同じ

野菜

食事管理に関しては、骨格診断タイプに問わず、カロリーを抑え、バランス良く栄養摂取することが重要です。

摂取カロリー<消費カロリーでなければ、どんなに健康的な食材を摂取しても痩せません。

多くの方は「炭水化物」や「タンパク質」と比べ、「脂質」の割合が非常に高いです。

脂質には、炭水化物やタンパク質などの倍以上のカロリーがあるため、偏った栄養摂取は、当然太ってしまいます。

なので、まずは「お菓子」や「揚げ物」など、脂質が多く含まれる食材の摂取を控え、筋肉を作る材料である「タンパク質」を豊富に含む「鶏肉」「青魚」「卵」などの食材を取り入れることがおすすめです。

毎日の栄養バランスに関しては、

脂質:2/タンパク質:3/炭水化物:5

このような割合で栄養摂取することで、カロリーが増えすぎる対策をすることができます。

ダイエットブック

骨格診断ダイエットの口コミ

会議

「骨格診断ダイエットについて理解できたけど、実際に行った人の感想を知りたい」

このような方のために実際、骨格診断ダイエットを行った方の感想をまとめました。

リバウンド対策ができる

自分の骨格に合わせてダイエットを進めるため、きついトレーニングではなく、トレーニングを辞めて、リバウンドしてしまうリスクが少ない。

また、体が変わるにつれてやる気が出るので、継続的に行いやすく楽しい

体重よりも体の変化がすごい

体重は落ちていないのに、脚の細さが出てびっくりしています。

前に行ったダイエットは、痩せたものの脚の太さだけが残ってしまい、納得のいく体にはなりませんでした。

骨格診断ダイエットでは、自分の体に合わせてトレーニングやストレッチを行なったので、非常に成果が出て驚いています。

まとめ

夕日を見る男性

自分の骨格を元に行う「骨格診断ダイエット」を実施することで、ダイエットの成果は非常に出やすいです。

  • ストレート
  • ナチュラル
  • ウェーブ

このように骨格が分かれており、それぞれタイプ別にトレーニング方法を知ることができ、体の悩みを解決することができます。

「ダイエットしたのに脚だけ太い」「どうしても痩せることができない」

このような悩みのある方におすすめのダイエット方法です。

「自分一人では頑張ることができない…。」

このような方は、専属トレーナーのマンツーマントレーニングを受けることのできる”パーソナルトレーニング”を受けてみてはいかがでしょうか?

公式HPはこちら

遺伝子検査詳細 line友だち追加ボタン

カンタン30秒!無料体験&カウンセリングはこちら